背景色を元に戻す

ひょうごボランタリープラザ 地域づくり活動情報システム コラボネット HOME

このサイトは、ボランタリー活動に関わるみんなのポータルサイトです。

メニューを飛ばして本文へジャンプします。

  • イベントカレンダー
  • メールマガジン

ここから本文です。

災害ボランティア

災害ボランティア活動の環境づくり

登録日:2018年04月25日(水) 更新日:2018年05月28日(月)

 ひょうごボランタリープラザでは、日本イーライリリー株式会社(本社:神戸市)、コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会などから寄附のあった「ふるさとひょうご寄附」(寄附先は兵庫県)を活用し「ひょうご若者被災地応援プロジェクト」を実施します。
 大学・高等学校・専門学校等に通う学生など、ひょうごの若者が今後も継続して東日本大震災や熊本地震災害などの被災地を応援するプロジェクトに対して経費を助成することにより、被災地復興を支援するとともに、今後の被災地支援を担う人材を養成します。
 平成28年度からの2年間で32団体、459人が被災地で活動しております(過去2年間の申請団体活動状況については各年度別に掲載)。今年度も下記のとおり実施します。

募集(平成30年度)

助成対象

1.大学・高校・専門学校等に通う学生など、県内在住、在学、在勤の若者で5名以上で構成された団体・グループ(15歳以上(中学生を除く)35歳未満の者を主体とするものに限る)。
  代表者は20歳以上とします。なお、参加者全員が未成年者の場合は20歳以上の引率者が必要です。
 ※年齢は申請時点とする。
2.宗教活動、政治活動、営利活動を目的とする団体・グループでないこと。
3.反社会的活動を行う団体・グループでないこと。

助成事業

東日本大震災や熊本地震災害などの被災地において活動する事業で、次のすべての要件を満たすものとします。
なお、当プラザの他の助成金との併用はできません。

  1. 被災地の活動について、受入・協働先の団体・グループ、施設等の同意を得るなど事前に計画された活動であること。
  2. 被災地で2日以上支援活動を行うものであること。
  3. 被災地での活動終了後、報告会・学習会等を実施し活動の成果の共有・評価を行うこと。
事業の対象期間

平成30年4月~31年3月

助成対象経費・助成限度額・募集事業数

(1) 助成対象経費
次に掲げる経費の実費(領収書のあるものに限る)を助成します。
・活動費(消耗品費、印刷費、通信運搬費、使用料・賃借料など)
・旅費(被災地への往復及び被災地内での交通費、被災地での宿泊費)

〔対象外経費〕
・経済的でない経費(グリーン車等の利用料金、高額な宿泊費等)
・食糧費 ※炊出しボランティアや交流活動等の食材費は対象となります。
・謝金・報償費
・被災地での支援活動として必要性が低い経費(お揃いのTシャツ・ビブズの作成等)

(2) 助成限度額
上限20万円 ※概算払い(上限1/2)も可能です

(3) 募集事業数
20組程度


助成募集期間

募集事業数に達するまで随時受付をします。
なお、審査の都合上、出発日の1か月前までには必ず応募をお願いします。(最終締切日:平成30年12月7日(金))

応募方法

申請書様式を、ひょうごボランタリープラザに持参による応募を原則とします。(郵送による場合は事前相談が必要)
下記の関連資料よりダウンロードしてください。

助成事業の決定

提出された所定の応募書類に基づき、選考委員会において事業内容などを審査したうえで決定します。

実績報告

・事業完了後1か月以内又は平成31年4月10日までのいずれか早い日に提出していただく必要がありますので、早めにご準備ください。

関連資料

ファイルを開く

行程表【詳細版】(Excel形式)

過去の助成状況

問い合わせ先

ひょうごボランタリープラザ 総務調整部
電話:078-360-8845(月曜から金曜 9:00~17:00)
FAX:078-360-8848


本文はここまでです。