背景色を元に戻す

ひょうごボランタリープラザ 地域づくり活動情報システム コラボネット HOME

このサイトは、ボランタリー活動に関わるみんなのポータルサイトです。

メニューを飛ばして本文へジャンプします。

  • イベントカレンダー
  • メールマガジン

ここから本文です。

災害ボランティア

被災地支援(東日本大震災以外)

登録日:2017年08月25日(金) 更新日:2017年10月12日(木)

このたび、ひょうごボランタリープラザでは、九州北部豪雨災害による被災地支援として福岡県朝倉市に対して、下記のとおり災害ボランティアバスを実施します。
なお、今回のバスは、生活協同組合コープこうべの組合員から寄せられた「九州北部豪雨緊急募金」より、バス経費の助成を受けて実施するものです。


Ⅰ 第4回災害ボランティアバス(生活協同組合コープこうべ協働号)

1 期間
平成29年9月15日(金)~9月18日(月・祝)4日間(現地1泊・車中2泊)
 → 平成29年9月22日(金)~9月25日(月)(台風18号の接近に伴い1週間延期し、実施しました。)

2 行き先
福岡県朝倉市の被災地

3 活動内容(予定)
災害ボランティア活動(被災家屋の泥出し、家具等の搬出・洗浄作業等)

4 募集人数
15名程度(ひょうご若者災害ボランティア隊を含む。)

5 募集要件
県内在住、在勤、在学の方(グループでの申込みは一度に2名まで)

6 受付日時
9月11日(月)9:30~(募集人数に達するまで)

7 電話番号
078-331-3555(阪急交通社 西日本営業本部 神戸センター)
※先着順・電話受付のみ

8 行程等
(1)集合日時・場所
平成29年9月15日(金)19:30 「神戸クリスタルタワー」1階ロビー
(2)行程(予定)
※活動時間・場所・内容は、状況により変更することがあります。


区分 場所・内容
1日目
9月15日(金)
19:30 神戸クリスタルタワー集合(出発式19:45~)
20:00 福岡県朝倉市へ向け出発 (車中泊)
2日目
9月16日(土)
8:15 朝倉市災害ボランティアセンターに到着
日中 活動
17:00 活動終了
17:30 宿舎到着(朝倉市内)
3日目
9月17日(日)
7:50頃 宿舎出発(朝倉市内)
8:15 朝倉市災害ボランティアセンターに到着
日中 活動
17:00 活動終了
20:00 兵庫県へ向け出発 (車中泊)
4日目
9月18日(月・祝)
6:00 神戸クリスタルタワー前到着、解散

 


9 注意事項
(1)各自で必ず最寄りの社会福祉協議会でボランティア保険に加入してください。
(2)片道12時間程度のバスでの往復で、男女混合席となります。
(3)参加者が自分自身で被災地の状況や、安全・健康を管理することなどを理解したうえで参加してください。

10 参加費
参加費:6,000円[宿泊費] 
※添乗員は同行いたしません。
※参加費用は当日受付で、阪急交通社係員に各自お支払いをお願いします。お釣りのないようにご準備ください。

11 その他
参加される場合の注意事項、持ち物等については、ひょうごボランタリープラザのホームページで発信しますのでご確認ください。

【ボランティア活動に関する問い合わせ先】
ひょうごボランタリープラザ
TEL:078-360-8845

【旅行に関する問い合わせ先】
旅行企画実施 阪急交通社 西日本営業本部 神戸センター 観光庁登録旅行業第1847号
TEL:078-331-3589(代表)
受付・申込み先
TEL:078-331-3555
※バス運行に関する詳細及び旅行条件書は下記の資料をご覧ください。


Ⅱ 第4回災害ボランティアバス出発式の実施

1 日時
平成29年9月15日(金)19:45~20:00
→平成29年9月22日(台風18号の接近に伴い延期)

2 場所
神戸クリスタルタワー 1階ロビー

3 参集者
ボランティア参加者、生活協同組合コープこうべ、ひょうごボランタリープラザ


Ⅲ 被災地での活動結果

台風18号の接近に伴い1週間延期しました。

● 期間 9月22日(金)~25日(月)(現地1泊 車中2泊)
※現地活動9月23日(土)~24日(日)2日間
● 活動場所 福岡県朝倉市杷木松末地区中村集落
● 活動内容 泥出し、側溝掘り等

1 出発式
生活協同組合コープこうべの組合員や公募で集まった兵庫県ボランティア、ひょうご若者災害ボランティア隊等20名で出発しました。



2 活動内容
杷木老人福祉センターに設置された団体用災害ボランティアセンターにて受付を済ませた後、活動場所である朝倉市の杷木松末地区中村集落へ向いました。
ここは乙石川の流域に位置する集落で、多くの家屋や農地が流され道路が寸断されており、私たちが活動に入る数日前にやっと車が入れるようになったところです。(中村集落を含む流域の3集落約50戸中、20数戸が流出)
活動中も何台もの重機が砂煙を上げ、整地していました。

2日とも同じ2軒のお宅に分かれ活動を行いました。活動内容は床下の泥出しや床板を剥がすための家具の移動、床の清掃等です。
また、翌日には雨天が予想されたため側溝を掘り、雨水や土砂が家の中に入らないように土のうを作り並べました。


中村集落の川上には乙石集落があり、まだまだ手付かずの地域が残されています。
平成29年10月から災害ボランティアセンターの受付日は金、土、日となりますが、息の長い支援が必要です。
多くの皆さまのボランティア活動をお願い致します。
詳しくは朝倉市災害ボランティアセンターのホームページをご覧下さい。


本文はここまでです。