事業

交流・ネットワーク
  NPO・地域団体等と企業等のネットワークの場づくりや、NPOと行政が様々の分野の地域課題について協議を行う「協働会議」等を実施しています。
また、交流サロンや印刷コーナー、セミナー室等の活動の場を提供するとともに、地域づくりの活動を支援しています。
情報提供・相談
  インターネット等を活用した各種の情報を収集・提供・発信ができる「コラボネット」を展開しています。また、NPO法人等に対する相談を実施しています。
活動資金支援
  総額約100億円の「ひょうごボランタリー基金」の運用益を原資として、県域におけるボランタリー活動を支援しています。

<5つの特徴>
1 助成総額が1億4千万円
2 活動対象がNPO法の定める17分野
3 活動段階に応じたメニュー設定
4 申請(助成)団体にとって使い易い枠組み
5 助成制度決定までのプロセスの共有

※25年度より、「地域づくり活動支援事業」の実施に伴い、23年度と24年度の2年間休止していたNPO法人等向けの助成事業を再開しています。

■ひょうごボランタリー基金助成事業の実績は こちら
■ひょうごボランタリー基金 寄附については こちら
人材養成(エンパワーメント)
  団体・NPOの人材育成を支援する「NPO経営力向上研修事業」を実施しています。また、ボランティアアドバイザー、ボランティアコーディネーター等ボランタリー活動推進者に対する研修も実施しています。
調査研究(報告書)
 

ボランタリー活動に関する社会的な課題や支援方策について、毎年テーマを設定し、調査研究を実施しています。